お尻に出来てしまう水虫の症状について


何となくお尻がかゆい、と思ったら暫くして我慢できないかゆさになってしまってい<る、という状態になってしまうことがあります。


もしお尻が我慢できないぐらいかゆくなってしまったという人の場合、お尻がどのような状態になっているか鏡などで確認してみてください。


ものすごくかゆくて白く粉をふいているような状態になっていませんか?


白く粉をふいている状態になっているからといって乾燥しているのかな?と思ってしまう人もいるかもしれません。


ですがこの2つが条件的に当てはまるようであればお尻の水虫の症状を疑った方が良いでしょう。


普通、水虫というと足の指の間辺りに出来るものというイメージがありますよね。


ですが水虫菌による感染症になります。
なので足だけに出来るものではないのです。
体の他の場所にも感染してしまう可能性があるということになります。


考えられるのは元々、足に水虫があったというケース、そして一緒に住んでいる家族に水虫があるケースもあります。


ちょっとしたことで感染する可能性があるからです。


例えば足に水虫があったとします。


何気なく足を触った手に菌がついている状態で何となくお尻を触ったりすると感染してしまう可能性があります。


同様に何気なく背中を掻いたりして背中に感染してしまう場合もあります。


なので水虫に気がついたら早く水虫治療をするようにします。


ここで気をつけておきたいのはもし、同居している家族に水虫がある場合は一緒に治療をしないと治ってからも再発する可能性があるということです。


お尻の水虫の症状について、しっかり理解して 再発しないようにちゃんと治しましょう。

お尻ニキビやお尻の黒ずみをケアしたい人はこちら

このページの先頭へ